かるがも親子の画像

離乳食

私は、「料理」が苦手なので、長男のときはほとんどベビーフードのお世話になってました。
自分で作るよりも種類が豊富で、「へぇー、こんなものまであるんだぁ」と、感心させられたものです。

私の視力は光覚のみ、視野はほぼ中心部分にしか残っていないため、 離乳食を食べさせてくれていたのは主人ですが、ラックに座らせたり、歩行器に座らせたりしていました。

しっかりお座りができるようになってからは、テーブル付きの椅子に座らせて食べさせてました。

長男は元々食が細かったので、一皿食べればいいほうでしたが、好きな味や食感のものはよく食べてくれてました。

主人が通院で帰りが遅くなるときは、私が食べさせてましたが、口を探すのが難しかったので、「ここら辺かな?」というところまでスプーンを持って行くと、スプーンをパクッと食べてくれ、とてもやりやすかったですが、食後は口の周りが大変なことになってたので、ガーゼを湿らせて口の周りを拭いてました。

私たちと同じものを食べるようになったのは、2歳前くらいだったと思います。

2歳から保育園に通い始めたので、結構長い間ベビーフードに頼ってました。
そのせいか、保育園で出される給食・おやつは初めて見るものばかりだったので、最初の1カ月間は飲まず食わず状態でしたが、少しずつ園にも慣れ、給食もおやつも全部食べるようになり、ときにはお代りまでしてました。

 次男のほうは、生後4カ月半のころから保育園に通い始めたので、離乳食は保育園で食べてました。

作り方が分からなかったので、担任の保育士さんや調理の先生などに聞いて、それを家でも作って冷凍してました。

冷凍していたのは、主にジャガイモやサツマイモ、かぼちゃを柔らかく煮てペースト状にしたもの。
ご飯は、普通に炊いたものを少しお湯でふやかしたもので代用してました。

中期ごろになると、鳥ミンチや豚ミンチなどをかぼちゃと一緒に煮たり、大根やニンジンと煮たりしてました。

7カ月半くらいのころ、肺炎になりかけで入院したとき、看護師さんに「中期食です」と伝えていたにも関わらず、出てきた内容は『後期食』!!

卵もまだ試してなかったんですが、「ここは病院だし、もしも何か異常があればすぐに対応してくれるだろう」と考え、恐る恐る食べさせてみました。

7日間の入院中には、卵・魚・トマト・ほうれん草・チーズなどなど、保育園では考えられないメニューのオンパレード!!

それでも次男はいやがることもなく、ご飯もおやつも、ほぼ全量食べてました
(トマトのスープは苦手のようでしたが)。

主人が付き添ってくれてたんですが、出されたメニュー表を総て保管していて、退院してから保育園に持って行くと…かなりびっくりされました!!

一番びっくりされたのは、やはり卵とチーズでした。
ほうれん草のオムレツやフレンチトースト、チーズ粥などがあったので。

それでも、次男は何のアレルギー症状も出ず、7日目に無事退院しました。

後期のころは、私たちと同じものを、形を少し小さくして食べさせてました。
長男とは違い、器に入れたものは残さず食べてくれていたので、作りがいもありました。

おかげで次男はすくすく大きくなり、最近やっと「首」が少し出てきたところです(笑)。

2歳半を過ぎた今では、甘いもの以外は大人と同じものを食べてます。
次男にも主人が食べさせてくれていたので、私はとても楽でした。

子どもがご飯を食べるか食べないかは、妊娠中に「母親がちゃんと食べていたかどうか」ということで決まるそうです。
※ 当時、次男の担任の保育士さんから聞きました。

トップページへ戻る
かるがも一家の子育てのトップへ
子どもとのお出かけのページへ

ご入会・その他のお問い合わせはこちらをクリックしてメールフォームからお願いします。


※ 万が一、お問い合わせフォームからメール送信がうまくできない場合は、以下のアドレスをお使いのメーラーの「宛先欄に貼り付けて」送信してください。

● 送信先アドレス:
karugamo##lifejp.net

《 注意! 》
上記アドレスをコピーしてお使いのメーラーのアドレス欄に貼り付け後、
「##」を「@」に書き換えて送信してください。
※ そのままではエラーになってしまい、送信できません!

お手数をおかけいたしますが、どうぞ宜しくお願い致します。

ページ掲載の文章や画像の無断転用を硬く禁じます。
Copyright © 2010 karugamo All Rights Reserved.

個人情報保護方針はこちら