かるがも親子の画像

嘔吐したあとのニオイ取り法

 ★ 子どもが吐いた時どうしますか?
 秋、冬は風邪・胃腸炎が流行しやすい季節です。
うちの子も、年に数回は胃腸風邪にかかってしまいます。
子どもが吐いたとき、うまく汚物を洗面器などにキャッチできればいいのですが、 私たちではなかなかうまくいかないことが多いですよね。
お布団の上やカーペットなどに吐かれてしまうと、後で洗っても 独特のイヤなニオイが残ってしまいます。
 そこで、重宝するのが「重曹」(じゅうそう)です。
お掃除やお料理にも使える重曹ですが、実は協力なニオイとり作用もあります。
吐いたものの上にさっとふりかけてほうっておくと、 重曹がイヤなニオイをどんどん吸着してくれます。
あとで雑巾やキッチンペーパーなどで拭き取ればOKです。
 そのほかにも、例えば台所で生卵を落としてしまったときなども、 上からかぶせるように重曹をかけてほうっておくと、
重曹が水分を吸着して、 あとで雑巾がけしたときに、こびりつかずにきれいにとれます。
 何かと便利な重曹、お宅でも活用してみてはいかがですか?
 重曹は大きなスーパーの日用品売り場や薬局などで売られています。
「掃除用」、 「お料理用」などと用途別に売られている場合もありますが、中身は同じです。
お料理用は量が少ないし、薬局で買うと逆に多いので、重曹初心者の方には「掃除用」が お勧めです。

トップページへ戻る
お役立ち情報のトップへ
赤ちゃんのあやし方・親子遊びへ

ご入会・その他のお問い合わせはこちらをクリックしてメールフォームからお願いします。


※ 万が一、お問い合わせフォームからメール送信がうまくできない場合は、以下のアドレスをお使いのメーラーの「宛先欄に貼り付けて」送信してください。

● 送信先アドレス:
karugamo##lifejp.net

《 注意! 》
上記アドレスをコピーしてお使いのメーラーのアドレス欄に貼り付け後、
「##」を「@」に書き換えて送信してください。
※ そのままではエラーになってしまい、送信できません!

お手数をおかけいたしますが、どうぞ宜しくお願い致します。

ページ掲載の文章や画像の無断転用を硬く禁じます。
Copyright © 2010 karugamo All Rights Reserved.

個人情報保護方針はこちら