かるがも親子の画像

子どもとのお風呂

子どもとのお風呂
子どもとのお風呂

作成班 O.H


長男も次男も、生まれてから1歳前くらいまではずっと主人がお風呂に入れてくれていました。

私が入れなかった理由は…
「どこに泡が付いているか?(特に顔)」ということが分らなかったということもありますが、
主人はとても子ども大好き人間なので「パパがやる!」と言ってましたので、ずっとお願いしてました。

でも、ある日長男(当時5ヶ月くらい)が頭を洗うときに大泣きしてしまい、それが1週間以上続いたので、「変わってくれる?」と主人に言われ、初めて長男と一緒にお風呂に入りました。

とても小さかったので扱い方が分らず、初めは戸惑いましたが、コツが分ると楽になり、
「今日もママが入れるから!」と主人に言うと、「パパが入れる!!」と、長男を誰がお風呂に入れるか?ということで言い合いになったこともありました(笑)。

なんだかんだで月日は流れ、長男は5歳、次男は2歳10ヶ月になり、お風呂に入れるのもずいぶん楽になりました。

数ヶ月前には、主人が腰椎椎間板ヘルニアになったので、私が一人で子どもたち二人と一緒にお風呂に入ってました。

最初に二人ともかけ湯をして、一人を湯船に入れ、おもちゃで遊ばせてる間にもう一人を洗って、それを交互に繰り返してました。

長男を先に洗った日の翌日は、次男を先に洗うというように、不公平にならないようにしてました。

湯あげも、二人一度には無理なので、長男を拭いているときは次男は湯船、次男を拭いているときは長男が湯船で待つ…というように、
こちらも不公平にならないように1日置きに順番を決めていました。

そうすることで二人とも喧嘩にならず、「順番」ということも少しは学習できたかなと思ってます。

最近では、長男の希望で4人で一度に入ってますが、これはこれで時間短縮になるので、少しは光熱費の節約になっているかなぁと思ったりもしてますが、
狭いお風呂場なので、時間短縮(30分くらいで終わってしまいます)とはいえ、早く「一人で入る!」と言い出してくれないかなぁと、
今からその日が楽しみな私ですが…まだまだ先の話になりそうです。

入浴時の工夫
入浴時の工夫

作成班 M.H


私が子どもたちを入れるようになったのは、生まれて1ヶ月ほどしてからでしょうか。

長女を出産した際、沐浴指導はあったものの、首が据わらない状態ではかなりドキド キでした。
沐浴指導ではベビーバス使用だったのですが、我が家ではベビーバスは利用せず、大人と同じ浴槽に入れるので、余計だったかもしれません。

まずは、体や頭を洗う場合。
私が浴室で座り、膝の上に仰向けで赤ちゃんを寝かせます。
ガーゼで顔を軽く拭いてから、軽く頭を濡らします。
そして、片手に石鹸を付け、撫でるように頭を洗い、再びガーゼを使ってしっかり 石鹸を流します。
その際、耳にお湯が入らないよう、頭の後ろから手を広げ、耳を押さえてやりました。

体も同じように軽く濡らし、手で優しく洗い、お湯をかけます。
体の場合は顔にかからないよう、洗面器から直接かけたりもしました。

そして最後は浴槽へ。
耳は頭を洗うときと同じようにお湯が入らないように手で押さえ、口や鼻に入らない ように気を付けて入れました。

首が据わってくるようになると、お風呂へ入れるのも少しずつ楽になり、座れるよう になると、体を洗ったりするのもかなり楽になりました。

我が家の子どもたちは座ったまま頭を洗うのを2歳ぐらいまでいやがり、頭だけは膝の上で洗ってました。

それでもこのままでは自分も支える手がつらいし、いつまで経っても出来ないと思い、
まずはシャンプーハットを使い頭を洗い、徐々に慣れさせてシャンプーハットなしでも平気で洗えるようになりました。

我が家では実母が同居なので、お風呂上がりの着替えはお願いしていましたが、いつ もいるとは限らないので、そんなときは、交互に入れたり、一緒に入れたときは、ど ちらかを浴槽で待たせる感じでやってました。

お風呂は子どもとのスキンシップにぴったりな場所。
見える、見えないは関係なく、お話ししたり、歌を歌ったり、おもちゃで遊んだり、親子で楽しめる時間だと思います。

トップページへ戻る
かるがも一家の子育てのトップへ
爪・耳・鼻のケアのページへ

ご入会・その他のお問い合わせはこちらをクリックしてメールフォームからお願いします。


※ 万が一、お問い合わせフォームからメール送信がうまくできない場合は、以下のアドレスをお使いのメーラーの「宛先欄に貼り付けて」送信してください。

● 送信先アドレス:
karugamo##lifejp.net

《 注意! 》
上記アドレスをコピーしてお使いのメーラーのアドレス欄に貼り付け後、
「##」を「@」に書き換えて送信してください。
※ そのままではエラーになってしまい、送信できません!

お手数をおかけいたしますが、どうぞ宜しくお願い致します。

ページ掲載の文章や画像の無断転用を硬く禁じます。
Copyright © 2010 karugamo All Rights Reserved.

個人情報保護方針はこちら