かるがも親子の画像

おむつあれこれ

新生児期のおむつ交換は、まだ首も据わっていないので、とてもやりやすかったですが、うんちのときは大変でした…
私には、どこにうんちが付いてるのかが分からなかったので、助産師さんから「おむつをはずすとき、両手でおむつをはさんで、お尻を拭くようにして取って、両足を持ち上げてからお尻を拭くようにしたら、ある程度うんちは取れますよ」と教えていただき、入院中から実践してました。
綺麗になったかどうかは、入院中は助産師さん、退院してからは主人に確認してもらってました。
おむつ交換のやり方は、母親学級で教えてもらったので、それを主人にも教えて、二人で交換してました。
おむつ交換にしても、ミルク作りにしても、「目」が必要ですが、私たちは、見えにくい・見えない中でもいろいろと工夫さえすれば、「他のママさんたちと同じようにできるんだ!」ということを実感しました。
 おむつには、「テープタイプ」と「パンツタイプ」がありますが、パンツタイプはヨチヨチ歩きを始めたくらいからで、それまではテープタイプを使ってました。
テープタイプのおむつ交換は、新しいおむつを広げてお尻の下に敷き、おしっこやうんちで汚れたおむつを取って、新しいおむつを当て、片方のテープを止め、もう片方は、お臍のところに指2本入るくらい余裕を開けて止めて、最後にきつ過ぎないかを確認してました(きつ過ぎると、ミルクや母乳の飲みが悪くなります)。
 今は「布おむつ」を選ばれるママさんもいらっしゃいますが、私は紙おむつを選びました(洗濯が大変なので)。
布おむつには布おむつの、紙おむつには紙おむつの「良さ」がありますので、
どちらを選ぶかは、それぞれのメリット・デメリットを考慮して選んでくださいね!

トップページへ戻る
かるがも一家の子育てのトップへ
離乳食のページへ

ご入会・その他のお問い合わせはこちらをクリックしてメールフォームからお願いします。


※ 万が一、お問い合わせフォームからメール送信がうまくできない場合は、以下のアドレスをお使いのメーラーの「宛先欄に貼り付けて」送信してください。

● 送信先アドレス:
karugamo##lifejp.net

《 注意! 》
上記アドレスをコピーしてお使いのメーラーのアドレス欄に貼り付け後、
「##」を「@」に書き換えて送信してください。
※ そのままではエラーになってしまい、送信できません!

お手数をおかけいたしますが、どうぞ宜しくお願い致します。

ページ掲載の文章や画像の無断転用を硬く禁じます。
Copyright © 2010 karugamo All Rights Reserved.

個人情報保護方針はこちら