かるがも親子の画像

2010年総会

今回の総会は、かるがもの会発足20年記念研修旅行を兼ねて、岐阜県で行われました。

総会写真

写真をクリックすると別ウィンドーに大きく表示できます。
懇親会写真

写真をクリックすると別ウィンドーに大きく表示できます。

〜参加された方々からのコメント〜

● 「かるがも研修旅行」

滋賀県 T.Kさん


 「うわー涼しい。冷蔵庫の中みたい」ギラギラと熱い太陽のもとから鍾乳洞に入ったときに出てきた言葉だった。
 入口で係の人に、「盲導犬が前に来たとき、途中から進まなくなったことがあるので、少し行ったら引き返してきてくださいね」と言われた。
そのとき私に浮かんだことは「盲導犬を連れて最後まで行こう」だった。
すると、最後尾に「もし詰まったときには僕が後ろから押されないようにしてあげます」と、サポートしてくださる方もいた。
 少し進むと、盲導犬ヴェルチュは立ち止まった。
ここから先は私を歩かせることは危険と判断したのだろう。
目の前には一人分しか歩けないぐらい狭い階段。ヴェルチュのハーネスをはずし、娘に渡して、私は主人の後ろに着いて歩いた。
 「細い階段になっているから手すりを持って、右に岩がでているから左に身体を傾けながら降りてきて」
「ここからしゃがんで」「まっすぐ立ってもいいよ」右から左から上からと鍾乳石がでていた。
触ってみると、ヒンヤリとして、じとっともしていた。
足元も岩だったり板だったりした。ザーッと滝が流れる音が聞こえてくるところ もあった。
そして、最後まで歩き切った鍾乳洞。
鍾乳洞からでたら、まぶしい太陽。
すごい体験だった。
 見える人や子どもたちが見えない人をサポートして、歩き切った達成感。
本当にありがとうございます。
私が一番今回の研修旅行で心に残っていることです。
 部屋に戻ると娘が「Mちゃんのところに行ってきてもいい?」と、もう早速と親よ り友達。
遊びに行ったかと思うと、その部屋で「お姉ちゃんたちと寝てもいい?」と 言われ…その部屋の人にお願いして、娘はその部屋で寝かせてもらった。
娘を見て思うことだが、目の不自由な人は私のお母さん以外にもいて、子どもはその共通点に何かしらの喜びを感じているようだった。
子ども同士がすぐに仲良くなっている。
私はかるがものこの旅行は子どもたちのためでもあると考えている。
 今回企画された関係者は「下見」まで行ってこの計画をねってくれたそうだ。
すばらしい旅行だった。
すばらしい思い出の1ページになった。

● 「総会&1泊研修旅行に参加して」

大阪府 T.Fさん


 みなさんこんにちは。大阪府在住のTと申します。  今回の総会には、4歳の息子を主人にあずけて、私一人で参加しました。そのおか げで、最近出かけるときに息子に「今日、お母さん帰ってくる?」と言われるように なり、出かけづらくなってしまいました。  今回で2回目の総会参加となりました。初めて参加したのが2年前の大阪での総会 でした。そのときは、何もわからず参加して、総会の雰囲気を味わうのが精いっぱい でしたが、今回は少し質問もさせてもらって、前回よりかるがもの会のことがわかっ てよかったと思います。  懇親会では、おいしいお料理をいただきながら、それぞれの場所でそれぞれのお話 ができて、みなさん満足されたんじゃないかと思います。  そして、次の日は郡上八幡大滝鍾乳洞へ。独身のころ、友だちと鍾乳洞へ行ったと き、足もとは悪いし、暗いしで、途中でリタイアしたこともあって、今回の鍾乳洞も 駄目かなあと思っていたのですが、実際中に入ってみると暗いのは暗かったけど、足 元はそんなに悪くなかったです。それに、Kさんとその娘さんとペアになって歩いて もらって、上手に誘導してもらったので、ちゃんと出口まで行くことができました。 本当にお二人には感謝です。  次は食品などのサンプルを作る体験工場へ。ここでは、スタッフの方々からの話を 聞きながら、子どもも親もエビの天ぷらとレタスを作っていました。私は、体験には 申し込みをしていなかったので、みなさんが作っている様子をのぞいていました。 失敗しながらも、一生懸命作っている姿が印象的でした。  最後になりましたが、総会&一泊研修旅行準備委員のみなさん、楽しい企画をあり がとうございました。そして、本当にお疲れさまでした。また来年の総会で、みなさ んにお会いできることを楽しみにしています。

トップページへ戻る
イベント紹介トップへ
アロマ体験会のページへ

ご入会・その他のお問い合わせはこちらをクリックしてメールフォームからお願いします。


※ 万が一、お問い合わせフォームからメール送信がうまくできない場合は、以下のアドレスをお使いのメーラーの「宛先欄に貼り付けて」送信してください。

● 送信先アドレス:
karugamo##lifejp.net

《 注意! 》
上記アドレスをコピーしてお使いのメーラーのアドレス欄に貼り付け後、
「##」を「@」に書き換えて送信してください。
※ そのままではエラーになってしまい、送信できません!

お手数をおかけいたしますが、どうぞ宜しくお願い致します。

ページ掲載の文章や画像の無断転用を硬く禁じます。
Copyright © 2010 karugamo All Rights Reserved.

個人情報保護方針はこちら